医療レーザー脱毛で毛が生えなくなる?

脱毛処理のレーザーは、アレキサンドライトレーザーという、赤外線に近いレーザーが使用されます。これは白っぽい色は透過して、黒い色にふれると吸収されるという性質があります。そして、吸収されると、レーザー光はそこで熱エネルギーに変換され、熱を発します。

 そのため、レーザーを肌に照射すると、色の白い皮膚の部分には影響を与えずにそのまま透過し、ムダ毛のメラニン色素にだけ吸収されます。毛根に吸収されると、前述のようにレーザーはそこで熱を発生させ、毛根を焼きます。

 毛根の最下部には、毛母細胞と毛乳頭という組織があります。毛乳頭は頭皮の一部で、毛細血管から毛母細胞に、髪のもとになる栄養を送る器官です。そして毛母細胞は分裂を繰り返すことで、毛を成長させたり、抜けた毛を再生させる機能を持っています。つまりこの二つが、毛の再生をになっている器官です。
 毛根を焼いたレーザーの熱は、この毛母細胞と毛乳頭にも伝わり、機能を破壊します。これらはタンパク質でできているため、一定以上の熱を加えると、組織が変質し、毛の再生・成長という、本来持っている機能を失ってしまいます。

 医療レーザーはエステサロンで行うよりもかなり強いパワーで処理を行うため、組織を変質させるに充分な熱を毛根に加えることができます。医療レーザーで処理すると毛の再生率が低いのはこのためですが、同時に施術のときに強い痛みがともなうという特徴もあります。

脱毛するならこの医療機関!


SBC湘南美容外科

CMでも有名なS.B.C.クリニックでは、高品質なレーザー脱毛でムダ毛を処理できます。

おすすめリンク


脱毛口コミcheki.com